シンガポールの日本人ピアニストによるピアノ教室。象牙黒檀鍵盤のコンサート・グランドピアノでレッスン!

講師紹介

  • HOME »
  • 講師紹介

代表 アントワーヌ 上田

東京生まれ。4歳からピアノを始める。「脱力・タッチ・ペダリング」の研究は27年を迎え、特に「脱力の改善」においては、数多くの実績を誇る。高精度のピアノ調律・整音をマスターし、門下生や一般の方のピアノを調律を幅広く行う。日本では過去12回のリサイタルを行い、シンガポールでは2008年、2012年にエスプラネードでソロ・リサイタルを行う。以降は、門下生の発表会にて演奏。現在も、ショパン・エチュードの全曲演奏と格闘中。ピアノ演奏歴、53年。

アントワーヌから皆さんへのメッセージ

私は4歳でピアノを始めましたが、小中学生の頃、家でピアノの練習ばかりしていた訳ではありません。母が水泳が得意だったのでスイミングスクールにずっと通い、父が新潟出身だったので、小さい頃から週末はスキー場にいました。

話は変わりますが、音楽を奏でるに当たり、リズム感や運動能力というものはとても大事なファクターとなります。それらを向上させるには、スポーツを行うことが最も効果的です。「ニワトリが先か、卵が先か?」どちらか分かりませんが、音楽でリズム感のいい子はスポーツも得意で、うちのお教室の門下生の男の子たちも、サッカークラブのエリートチームで活躍している子が何人もいます。

レッスンでは、メトロノームを必ず使用しています。それはとても意味のあることで、スポーツでもそうですが、「ある一定のペースを規則正しく保つ」ことは、慣れないとなかなか出来ません。一つの曲を最初から最後まで一定の速さで弾きこなすには、脳の「後頭葉」を刺激する必要があり、運動能力を司る部分の強化が不可欠です。

結論としては、「いかに脳を鍛えるか?」ということに尽きます。幼少期から脳を刺激すると、脳を活性化する癖が付くので、中高生になった頃に脳の働きが絶好調になります。また、中高年の方もピアノを続けることにより、脳の退化を防ぐことができます。
全てにおいて、「初めに、脳ありき。」ですね!

千葉支部 師範 浅川 恵理

登録可能なレッスンスロットのご案内

子供のスタジオレッスン
 
月曜  午後5時15分~
木曜  午後5時15分~
日曜  午後4時00分~
 
出張レッスンは、空いているスロットと場所により異なりますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。
 
上記以外の曜日・時間帯について、また社会人/主婦の方、日本/海外からリモートレッスンをご希望の方は、ご希望の曜日と時間帯をどうぞお気軽にお問合せ下さい。

  • facebook
PAGETOP
Copyright © ANTOINE PIANO LESSON and STUDIO 2010 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.